読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳から始める、格安輸入中古車ライフ

愛車アルファ147を中心に、格安輸入車を所有しつつブルジョアな生活を目指していくブログです

アルファロメオ ジュリエッタ・クアドリフォリオヴェルデ試乗。こいつは熱い熱いホットなアルファだ!!

こんにちは!ケントロピーゲです!

 

 

さてさて、間もなくマイナーチェンジするアルファロメオ ジュリエッタ」ですが、アルファロメオオーナーながらそのようなことを全く知らず、マイナーチェンジ前の「ジュリエッタ」を試乗して参りましたのでレポートしたいと思います。

 

尚、試乗しましたのはジュリエッタ最上級グレード「クアドリフォリオヴェルデ」という舌を噛みそうな名前なのですが、タイピングも難しいし一発変換もしてくれないし(F7キーを押せば解決するのですが・・・)と色々面倒くさいので、今後は「クァドリフォリオヴェルデ=qv」とさせて頂きます。

 

 

しかし「車何乗っているの?」と聞かれて、「アルファロメオ ジュリエッタ qv(クァドリフォリオヴェルデ)だよ」と答えられても99パーセント以上の人が何言っているんだコイツ?と成りかねないネーミングですな。

 

まぁエンスーなら喜んで言いたがるネーミングでもあります。

 

 

続きを読む

アルファ147、やはり楽しい車

こんにちは、ケントロピーゲです!

 

 

2007年式、後期型アルファ147を購入して、まもなく12か月-2か月。

5万キロだった走行距離もなんだかんだで、現在では5万8千キロ。

 

2017年、とうとう10年落ちとなってしまった我が「アルファ147」、故障知らずの日本車だって10年物となれば、そろそろボロが出始める年数。

 

「新車で買っても不具合が出る!」と巷では言われているイタリア車ですが(イタリア車は新車であってもそれは9割程度の完成度であって、オーナーが残り1割の初期トラブルを直して初めて完成された車になる、と言われていたりも・・・)、我がアルファ147、絶好調です!!

 

 

 

続きを読む

ポルシェ マカン・ターボ試乗。これは公道専用高性能戦車か?

こんにちは!ケントロピーゲです。

 

 

今年も気の向くまま、書きたいときに書くというスタンスで車ブログを続けていきたいと思います。

今年もよろしくお願い致します。

 

 

さて、1月も後半ながら新年一発目ということで、景気の良い記事を書きましょう!!

 

男なら一度は乗ってみたい(と思われる)カーブランド「ポルシェ」

王道のクーペである「911」ではなく、ポルシェのnewファミリー「マカン」に試乗してきました。

 

人生初のポルシェ、人生初の1000万円超クルマ、人生初の排気量3.5リッター越え、人生初の400馬力、と初物尽くしでいかにも新年一発目の記事に相応しい。

 

身分不相応とは思いながらも、何事も経験が大切!と自分を言い聞かせ、2017年とうとう10年落ちとなってしまった我がアルファ147を、大阪箕面にあるポルシェセンターへと走らせたのでした。

 

 

続きを読む

西の車の聖地、芦有ドライブウェイ・東六甲展望台に行ってみた(日曜、早朝編)

こんにちは!ケントロピーゲです!!

 

 

平日芦有の結果が思わしくなかった為、いよいよ大本命の日曜朝の芦有に行ってきました!

前回はこちら

 

centropyge.hatenablog.com

 

 

前回は阪神高速→芦屋経由で行ったのですが、千里丘丘陵の我が家からは中央環状線→宝塚→宝殿インター経由でも所要時間が変わらないのでは?と思い、今回は後者のルートで行ってみました。

日曜早朝ですので下道も空いているでしょうし(中央環状線はほとんど信号のないバイパスのような道路)、阪神高速代が浮くという厭らしい魂胆も多少はあります。(小遣い少ないのよ。。)

 

案の定渋滞も皆無、信号待ちもほとんど無く、我が家から1時間もかからず芦有道路宝殿インターに到着。

しかし宝塚の町も外車率の高い事。。さすが関西を代表するお金持ちの町「宝塚」です!!

 
f:id:Centropyge:20161211064535j:image

 

通行券を発券し宝殿インターから1キロ程流しますと、東六甲展望台に到着します。

途中ポルシェともすれ違うし、今日は当たりの予感?

 

 

 

東六甲展望台に到着しますと、アルファロメオが1台、ボルボが1台、ポルシェが1台泊まっておりました。

 

自販機でコーヒーを購入し、景色を眺めながら飲んでおりますと、アルファロメオのオーナーさん(アルファ159)が車から出てこられたので、少々車談義をさせて頂くことに。

 

ちなみにこの方生粋のアルフィスタでして(アルファロメオをこよなく愛する人の総称)、過去にはアルファ147 も所有していたそう。

アルファ147 維持のアドバイスを頂きました。ごっつぁんです!!

 
f:id:Centropyge:20161211065733j:image

 

 

 

そうこうしていますと、結構な数の車(輸入車中心)が集まってまいりました。

 


f:id:Centropyge:20161211065905j:image

 
f:id:Centropyge:20161211065918j:image

 

 

うーん、どれもこれも町中では見ない車ばかりだ。

私の乏しい知識ではメーカーさえわからない車も多々ありました。

 

オーナーの方々も紳士的な方ばかりで、ほとんどの車がノーマル仕様。(見えない所に手を入れているのかもしれませんが)

マフラーやスピーカーから爆音を鳴らすような集団は苦手なのです。。

 

 

 

そして居るところには居るのですね。

スーパーカーの登場が東六甲展望台に花を添えてくれます。

 


f:id:Centropyge:20161211070539j:image

 
f:id:Centropyge:20161211070550j:image

f:id:Centropyge:20161211070602j:image

 

こんな凄いの初めて間近で見るわ!!

オーナーさんに写真の許可を取りましたところ、快く応じて頂きました。

 

 

 

この時点で時間は9時頃。

更に車も増えてまだまだ盛り上がる雰囲気ではあったのですが、昼から予定が入っていた為そろそろ帰宅することに。

 

ちなみにこの日は京都で大きな車イベントが開催された為、これでもいつもの日曜よりは少なめだとか。

そして今後は六甲山の道路が凍結する為、そろそろ走り納めかなー、とのことでした。

 

日曜早朝に車好きが自然発生的に集まる「芦有ドライブウェイ 東六甲展望台」、とても楽しい時間となりました。

早起きして気持ち良いですし、車談義が終わった後の午後は家族サービスの為に丸々使えるというのも良いですね!(家内への言い訳に)

 

帰りは中国自動車道を爆走し40分程で帰宅、六甲山の道路が凍結する前に、もう一度は行きたいと思っております。

 

 

 

ちなみに圧倒的に見ることの出来た車は「ポルシェ」!!

あまりに居て見飽きてしまったので、写真すら撮っていません。

いやー、凄い世界でした!!

 

 

ではまた次回!!

西の車の聖地、芦有ドライブウェイ・東六甲展望台に行ってみた(平日編)

こんにちは!ケントロピーゲです!!

 

車好きが集まることで知られる、芦有ドライブウェイに行ってきました。

東は横浜の大黒パーキング、西は芦屋の東六甲展望台だとか。

 

どちらも車好きの聖地らしいです。

 

 

 

 

芦有ドライブウェイとは?

 

高級住宅街で名高い「芦屋」から、太閤秀吉が愛した有馬温泉で有名な「有馬」間を結んでいる有料道路です。

そしてその中程に、車好きが集まると言われる「東六甲展望台」がある訳です。

 

ちなみに芦屋に「奥池」と言われる超高所得者層が集まる集落があるのですが、その「奥池」、芦有ドライブウェイを使わないと行くことが出来ない場所にあるのです。

 

よって、ちょっと麓にに買い物へとなっても、わざわざ有料道路を使って行って、帰りも有料道路を使って帰る。

定期券もあるようなのですが、私のようなド庶民からしますと何とも不憫というか贅沢というか。。これもステイタスの一つなのか、本人達は何も気にしていないのか、真意の程はわかりませんが、まぁ日本も上から下まで色々な人がいる、ということでしょうね。

 

ちなみに調べるまで知らなかったのですが、芦有ドライブウェイ。「芦有」、読み方は「ろゆう」と読みます。間違っても「あしゆう」とか「あしあり」とか言ってはなりません。

 

 

 

とりあえず行ってみた。

 

その日は晴れた月曜日。

気合いを入れて4時半に起床。

眠い目を擦りながらも、こんな時間に起きている特別感?初めての場所に行く高揚感?そこまで辛くない。

エンジンに火を入れ5時過ぎには出発。

 


f:id:Centropyge:20161206140525j:image

 

 

前日が雨だった為、せめて体くらい洗っておこうか、とガソリンスタンドに立ち寄り洗車機に車を投入。

 

その後は自然乾燥させながら、空いている阪神高速を芦屋に向かって快走する。

普段からこんなに空いていたら良いのですか。。

 


f:id:Centropyge:20161206140918j:image

 

 

早朝ということもあり、千里丘丘陵の我が家から1時間もかからずに、芦有ドライブウェイ芦屋インターに到着。

芦屋をドライブするという、この快感。

自分がセレブになったのでは?と感じさせるこの街の持つ魔力。 

芦屋のブランド力は関西随一です!!

 

それにしてもやはり朝は気持ち良いですね。

学生・独身時代は夜だったけど、子どももでき、親父となった現在では自由な時間が取れるとなれば早朝〜午前中くらいですから。

 

 

ということで、芦有ドライブウェイ芦屋インターでの1枚。


f:id:Centropyge:20161206141353j:image

 

ETCは使えない為、発券機で通行券を受け取る。

距離別料金の為、料金は後払いでした。

ETC普及前の高速道路を思い出します。

 

 

道路の舗装状況も良く、直線区間・カーブ区間が程よく交わるワィンディング。 

オーディオをオフにして、ツインスパークエンジンが醸し出す心地よいサウンドを聞きながらワィンディングを駆け上がります。

 

 

 

 

 

東六甲展望台到着。

 

着いたのは6時半前後でした。

この時点で30台近く停められるであろう駐車場には、我がアルファ147 とシルバーのゼロクラウン1台のみ。

 

シルバーのゼロクラウンは見たところフルノーマルのようでしたが、まだ薄暗いこの時間、怖い人が出て来て絡まれても困りますので、10台分ほど間を開けて停車。

 


f:id:Centropyge:20161206211834j:image

 

 

東六甲展望台、中々気持ちの良いところでして、景色もさることながら、自動販売機にお手洗いも完備。売店もありましたので、昼間は営業しているのだろうと思います。

 


f:id:Centropyge:20161206211922j:image

 

 


f:id:Centropyge:20161206211932j:image



 

そして2時間程待ってみたが、、

 

現れたのは現行のポルシェ911カレラSとジャガーFタイプRクーペ、ルノールーテシアスポールの3台でした。(プリウスハイエースなどの一般車ももちろんいましたが)

 

確かにどの車も凄い車なのですが、もと沢山の車が集まると思っていただけに正直期待外れ。。

やはり平日月曜の朝は皆さん仕事に向かっているのでしょうね。

 

それよりも驚いたのが、東六甲展望台を脇目も振らず通過していく通勤グルマの内、5台に1台は1000万円を超えるLセグメントサルーンであるということ。

 

特にベンツのSクラスは本当にしょっちゅう通っていましたね。

音もなく走る車がいるなぁ、と思ったらテスラだったり。。

 

日本にもお金を持っている人はたくさんいるのですね。。

ウラヤマシス、いや、ガンバロー!!

 

 

 

まとめ

 

ということで、平日月曜の朝は期待していた車は集まりませんでした。

車好きが集まると聞いていただけに心底ガックリな内容。

 

やはり本命は日曜朝なのでしょうね。

次回は日曜朝にチャレンジしてみます!!

 

ではまた次回!!

 

 

秋を求めて。御堂筋&中之島

こんにちは!ケントロピーゲです。

 

先日箕面勝尾寺(関西の紅葉の名所)に行ってきたのですが、紅葉の美しさに感動。

ふと、御堂筋のイチョウ並木が見たくなり、アルファ147 でフラッと市内ドライブをしてきました。

 

 

まずは大阪の大動脈、御堂筋です。

 


f:id:Centropyge:20161117072349j:image

 

黄色く色付くにはまだまだ早かったようです。

色づく頃に再訪するとして、何枚か愛車とのフォトを。

 


f:id:Centropyge:20161117072547j:image

 

 


f:id:Centropyge:20161117072616j:image

 

 

御堂筋を心斎橋付近まで下り、今度は四ツ橋筋を梅田方面へ北上。

中之島を目指します。

 

中之島はレトロな建物が多く、イタリア出身のアルファロメオとどのような写真が撮れるか期待が膨らみます。

 

 

 

中之島到着。

御堂筋ではまだまだだった紅葉も中之島ではちょうど見頃。

 


f:id:Centropyge:20161117073122j:image

 


f:id:Centropyge:20161117073145j:image

 

 

んで愛車との写真はどうなったかと申しますと、、

 


f:id:Centropyge:20161117073249j:image



f:id:Centropyge:20161117073232j:image

 

レトロ建築関係ありませんね(笑)

 

2枚目の初代X3との写真、どことなくヨーロッパの街角な雰囲気で気に入っております。

 

 

中々アルファ147 で遠出が出来ずフラストレーションが溜まっておりましたが、近場も目的を持って走ると楽しいものですね!

 

暫く秋を楽しみたいと思います。

 

ではまた次回!

 

 

アルファ147  納車後半年経過+オイル交換

こんにちは!ケントロピーゲです!!

 

 

4月に購入した我がアルファ147 ですが、先月10月に納車後半年を無事に迎えました。

 


f:id:Centropyge:20161116002430j:image

 

納車から半年の走行距離は約5000キロ。

大阪府京都府滋賀県奈良県兵庫県岡山県鳥取県を訪れました。

 

もっと長距離を乗る予定でしたが、実際のところは街乗りがメイン。

高速道路が得意なアルファロメオに乗りながら、非常に勿体無い使い方ですが、子どもが1歳ということもあり、車での長距離移動は中々難しかったりするのが現実です。

 

 

故障も今のところは全く無く、点検としてはオイル交換のみ!

現在走行距離が56000キロを超えましたが、まだまだ問題なさそうです。

 

日本の夏にもよく耐え、クーラーもしっかり動作してくれました。

 

燃費は街乗り+クーラーで1リッター辺り8キロ前後。

高速(法定速度)+クーラーで12キロ前後。

高速(160前後)+クーラーで9キロ程、あはは。。

現在は11月に入りクーラーも使いませんので、街乗りでも10キロ前後は走ってくれますね!

 

 

現在唯一の厄介事は、このアルファ147 非常にオイル飲みという点。

2500キロも走るとオイルゲージのlowを下回り、オイル量が低下しているとのメッセージが出てしまいます。

 

使い方や個体差もあるとは思いますが、アルファ147 を検討されている方は注意してください!

アルファ147 、車体は安いですがメンテナンスに多少お金がかかるというのはこういうことかな?と感じています。(カー用品量販店にてオイル交換が5000円前後、正規ディーラーならもう少し高いでしょう)

 

 

しかし半年経っても全く飽きのこないアルファ147

パワーが無いのに燃費は悪いし、故障の不安が付き纏う、粗を探せばいくらでも見つかる車でありますが、それ以上にドライバーを満足させてくれる魅力に満ち溢れているのでしょうね。

 

古いエンジンながら、現在でも十分官能的なツインスパークエンジン、適度に重くクイックなハンドリング、安心できる剛性感、魅力的なスタイリング、そしてイタリア車にに乗っていると言うだけで周りが一目置いてくれる。

 

グーやカーセンサーを見てもまだまだ魅力的なアルファ147 が掲載されていますね!

 

ベースグレードでも十分なのですが、よりスポーティな上級グレードもまた良し。

迷われているのでしたら一度所有しても面白いのではないでしょうか??

 

気温も下がり、車にも優しい季節になりました。

まだまだ乗りたいと思います!

 

ではまた!